パソコンのリフォーム
普段使っているパソコンを大々的にリフォームすることにしました。
WEB閲覧や動画の鑑賞は問題なく使えていたのですが、3Dのゲームはできないし、動画のエンコードは長時間かかる上、同時に他のことは何もできないし、動作も不安定(起動時の黒画面が紫色になったり)だしと、不満な点も多かったので、この際一気に今風のスペックを目指しました。

なるべく予算は節約したいので、使える部分は使いまわし、パーツはコストパフォーマンス重視で選ぶ。ということを念頭に置いて調べ始めたものの、前回パワーアップしたのが2001年頃だったので、もはや浦島太郎状態。CPU、マザーボードどころかメモリもHDDもビデオカードも規格も含めてすべて変わっている。いろいろ調べて仕様の決定までは結構時間がかかりました。

伝統的にAMD(K6-2→AthronXP)のCPUを使ってきたので、今回もAMDにしようかと思っていたところに出たばかりのPhenomですが、地雷的な怖さもあるもののクワッドコアでこの価格は魅力的。最後までCore2Quadと悩みましたが、Phenomの人柱になることにしました。

あとは日本橋を歩き回って、価格の一番安い店を探すのみ。

今回交換するのは

マザーボード
GIGABYTE GA-7DXR → GIGABYTE GA-MA790FX-DS5

CPU
AMD AthronXP 1800+ 1.53GHz → AMD Phenom 9600 2.3GHz

RAM
DDR266 PC2100 512MB → DDR2 800 PC6400 4GB

VGA
MATROX Millenium G450 → ATI RADEON HD3850

HDD
Seagate U-ATA100 80GB → Seagate S-ATA300 500GB

電源は別のPCで使っていたものと交換
ケース、FDD、DVDドライブはそのまま使用

さて、早速作業に取り掛かります。

f0053943_1424230.jpg

年期の入ったケース。貼られたステッカーが時代を感じさせます。
無意味に光学ドライブが3つも入っているので1つにします。

f0053943_1425873.jpg

拡張バスがすべて埋まっています。新マザーは主要なインターフェイスがオンボード化されているので、ほとんど不要になります。

f0053943_1435875.jpg
f0053943_1441628.jpg
f0053943_1442759.jpg
f0053943_1445433.jpg

旧マザーボードを取り外します。

f0053943_1481042.jpg

f0053943_1416155.jpg

f0053943_1484539.jpg

今回交換する主なパーツ。

f0053943_1494745.jpg

CPUをマザーボードに取り付け。

f0053943_14112593.jpg

新旧マザーの比較。CPUクーラーの大きさの違いが。

f0053943_1417438.jpg

f0053943_14171785.jpg

新マザーをケースに取り付けます
[PR]
by ranmaru_72 | 2008-01-28 23:55 | 日常


<< パソコンのリフォーム 続き こみっくトレジャー >>