オールドレンズでドール撮影 その1
古いレンズをデジタル一眼に取り付けて撮影されている方の記事を読んで、私もいくつ
か古いレンズを持っているので、久々に使ってみたくなりました。

ということで、今回はペンタックスの古いレンズ(タクマーレンズ)を使って撮影しました。

ペンタックスのボディ(Kマウント)に、タクマーレンズなどのSマウント(ねじ式マウント)
のレンズを取り付けるには、メーカー純正でマウントアダプタが用意されています。これ
をSマウントのねじ部分にクルクル回して取り付け、あとは通常のKマウントレンズのよう
にひねってボディに取り付けます。

早速実践と行きたいところですが、まずはキットレンズ(18-55mm)で撮影しました。

f0053943_23385676.jpg


f0053943_23391552.jpg


f0053943_23401447.jpg


f0053943_23412568.jpg


f0053943_23415017.jpg


f0053943_23423046.jpg


f0053943_23424713.jpg


このひご一緒させて頂いた方々のドールたちを撮影させてもらいました。
そしてここでレンズ交換。

f0053943_23564077.jpg

今回持参したタクマーレンズ3本(28mm、55mm、135mm)
左下の銀色の輪っかがマウントアダプタです 

f0053943_23464917.jpg

まずはK100DにSMC Takumar 28mm F3.5を装着

以下同レンズで撮影したものです。

f0053943_23471444.jpg


f0053943_23473770.jpg


f0053943_2347548.jpg


f0053943_2348699.jpg


f0053943_23482234.jpg


f0053943_23483535.jpg


28mmだとAPS-Cの一眼でも使いやすいですね。
ピント合わせはもちろん、レンズのピントリングを回して行います。絞りはレンズの
絞りリングを回して調節します。絞ればファインダー像も連動して暗くなります。

K100Dの場合、絞り優先AE(AVモード)で露出補正+2.0にしておけば、大体適正なシ
ャッター速度を自動で選んでくれます。また、ピントが(これも大体)合った時は、AF
合焦ランプが点灯して目安になります。さらに手ぶれ補正も効きます(レンズ交換の
度に焦点距離を入力する必要がありますが)。この辺り比較的古いレンズの使用も考
慮されているようですね。

続く…
[PR]
by ranmaru_72 | 2011-02-09 23:45 | ドール&フィギュア


<< オールドレンズでドール撮影 その2 雪の里 再び >>